現在の脱毛法

現在一般的に行われている脱毛方法は、レーザー脱毛と電気脱毛の2種類です。

レーザー脱毛は、電気脱毛に比べると歴史は浅いですが、広く普及しており今1番メジャーな脱毛方法といえます。

レーザー脱毛で使用されるレーザーは、色に反応します。

レーザーを皮膚にあてると、皮膚の下にある黒い毛根がレーザーによって発熱します。

そして毛乳頭が破壊され、毛が生えてこなくなるという原理です。

1秒につき、直系1〜1.5cmの範囲にレーザーをあてることができます。
両脇でしたら、5分〜10分もあれば施術を終えることができるでしょう。

ただし、1度レーザーをあてれば2度と毛が生えてこないかというと、そうではありません。

毛には休止期というものがあり、休止期の毛はレーザーに反応しないので、期間を開けて施術を繰り返す必要があります。

両脇をレーザー脱毛するのであれば平均して5回くらいは施術に通う必要があります。

レーザー脱毛がこれほどまでに普及しているのには理由があります。まずは施術が速いことです。 脱毛サロンもたくさんの店舗がありますよね。



レーザーのメリットデメリット

上述のようにレーザーは毛穴ひとつひとつにアプローチするわけではなく、一定の範囲で皮膚にあてることができますので、電気脱毛に比べて施術時間は圧倒的に短くなります。

また、電気脱毛に比べて痛みが少ない点が人気です。

さらに、肌へのダメージが少ないので、多少の肌トラブルを抱えていてもカウンセリングのうえで脱毛が可能である場合が多いことも普及の原因でしょう。


デメリットとしては、休止期の毛には反応しないので、完全には脱毛しきれないこと。また、細かい部位には向いていないことが挙げられます。
脱毛情報のおすすめサイトは>>>脱毛サロンGメン〜人気・価格・効果・口コミをランキングで徹底比較

Categories